効 能 EFFICACY

 

効能

 

 

定山渓一とも称される、名湯・鹿の湯。
開湯当時より脈々と湧き出る豊富な温泉を、様々なお風呂でお楽しみください。

お湯のもと

お湯のもと

当館の温泉は、定山渓の背後に大きく広がる無意根山系の地下水が、地下2,000メートルほどにあるマグマの熱で加熱され、豊平川の河流に噴出したものです。定山渓の地下に眠るマグマの量は、日本有数の熱量をもっていることで知られています。

お湯は無色透明で、一般的には「ナトリウムー塩化物泉」と呼ばれています。

温泉は、マグマの高温高圧の中でミネラルが完全に湯の中に溶解し、無色透明になったものです。定山渓の湯は「温泉分析書」にありますように、とてもミネラルが豊富で効能の高い温泉です。

当館の源泉は、大浴場真下から湧き出る、名湯・鹿の湯(鹿の湯33号泉)を100%使用し、肌に優しい柔らかいお湯が特徴です。

温泉のおはなし

温泉のおはなし

当館の温泉は、定期清掃時、浴槽のお湯を全面的に入れ替える際、湯温を下げる目的で少量の水を注入しておりますが、それ以外は源泉を常時「掛け流し」状態にしております。

また、多くのお客様が入られると、どうしても若干のゴミが浴槽内に発生するため、それをろ過する目的でお湯を循環しており、浴槽内の差し湯は、常に「源泉」を注入しております。これはあくまで湯のゴミを濾過するもので、常に源泉を注入することにより、泉質は維持されていると考えられます。

また、近年問題となっておりますレジオネラ菌等に対して、浴槽内やろ過装置を常に殺菌し、また年4回自主的に衛生検査を実施しております。
どうぞミネラル豊富な温泉でおくつろぎくださいませ。

効能

効能
適応症(浴用) 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど。
泉質 ナトリウムー塩化物泉
泉温 69.7℃
pH値 6.9

定山渓温泉鹿の湯

 

〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目32
宿泊に関するお問い合わせ TEL:011-598-2002 FAX:011-598-2226

 

定山渓温泉 鹿の湯グループ 花もみじ 採用情報

 

CopyRight© Shikanoyu&Hanamomiji All Rights Reserved.