鹿の湯の歴史 HISTORY

札幌 湯の杜 定山渓温泉にて1927年創業。
この地域とともに歩み続けるホテル鹿の湯の歴史。

 

定山渓の歴史

JOZANKEI HISTORY

この地で温泉のことを初めて記したのは、1858年・蝦夷地探検で有名な松浦武四郎。しかし、それ以前からアイヌの人々はセセッカ(温泉)として、ここに湯が湧き出ていることを知っていた様です。
その後、1866年に備前(今の岡山県)の美泉定山僧が温泉を発見。
北海道の開拓で病に苦しむ人々の湯治場として浴場を開きたいと、開拓使の岩村通俊判官に陳情されました。
岩村判官はこの熱心さに心を打たれ承諾し、この地を『定山渓』と名付けました。

 

 

 

鹿の湯 開業

SHIKANOYU OPENINGS

1897年・岩村判官がこの地を訪れた際、豊平川沿いには3本の源泉が湧き出ておりました。
判官は、上流から上の湯・中の湯と命名。そして一番下流に湧き出ている源泉を、野生の鹿が傷を癒していたという云われから、『鹿の湯』と名付けました。
これを受け、ホテル鹿の湯の前身『鹿の湯寒翠閣』が開業し、その後の定山渓発展とともに当館も歩んで参りました。

鹿の湯 開業

 

 

 

湯本 鹿の湯

THE SOURCE OF ONSEN

定山渓の温泉は、その背後に広がる無意根山系の地下水が数十年の歳月をかけて、地下2000mにあるマグマで加熱され、豊平川の河川沿いに湧出したものと云われています。
地下に眠るマグマは膨大なもので、日本有数の熱量と湧出量を誇ります。
色は無色透明、ミネラル豊富で別名『熱の湯』とも呼ばれております。
当館は、鹿の湯館・大浴場真下の名湯『鹿の湯』をはじめ、3本の自家源泉をブレンドし、肌に優しいしっとりとした温泉をお楽しみ頂けます。

 

 

 

定山渓温泉鹿の湯

 

〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目32
宿泊に関するお問い合わせ TEL:011-598-2002 FAX:011-598-2226

 

定山渓温泉 鹿の湯グループ 花もみじ 採用情報

 

CopyRight© Shikanoyu&Hanamomiji All Rights Reserved.